東洋医学・代替医療
総合医療・鍼灸・リハビリ
東洋医学・代替医療
総合医療・鍼灸・リハビリ
名古屋市昭和区・リリー動物病院・東洋医学クリニックについて 鍼灸・漢方 理学療法など リリー動物病院・名古屋市昭和区へのアクセスとお知らせ

home_midashi_1home_midashi_2

外景

リリー動物病院・東洋医学クリニックは名古屋市昭和区で東洋医学・代替医療でペットを治療しています。
総合医療・鍼灸・リハビリなど、犬・猫・兎が対象です。

→ アクセスのご案内 [名古屋市昭和区長池町5-53]

院長コラム東洋医学よもやま話ご予約案内アクセスのご案内

icon_page

コロナウイルスについて

☆令和2年3月4日現在の情報です。今後変化する可能性があります。

先日、香港でコロナウイルスにかかった飼い主さんのワンちゃんから弱陽性反応が出たというニュースをお聞きになった方もいらっしゃると思います。本当にペットも新型コロナウイルスにかかるのか不安や疑問を抱きますよね…

そこでインターネットで調べたところ、世界保健機関(WHO)や獣医師会では、「犬猫を含むペットに感染したという報告は一切ありません。」と説明されています。
今回このワンちゃんに反応が出たのは飼い主さんの飛沫などが被毛に付着し、それをなめてしまったのが原因なのでは?とのことでした。今のところ人間からペットへうつることはありませんが、
ペットの被毛にウイルスが付着して人へうつる可能性はある為、ワンちゃんを人混みの多い場所へ連れて行くのを控えたり、ナイロン素材の服を着せたりするのも予防策の一つです。

猫ちゃんは完全室内飼いにするなど、お外に出すのは控えましょう。
もし飼い主さんがコロナウイルスに感染したらペットとの接触を避け、お世話してくれる人に預けること。その際はウイルスが被毛に付着している場合があるのでなるべく洗ってから預けるようにしましょう。
これ以上感染を拡大させないためにまずは私たちがコロナウイルスにかからないよう、
気を付けていきましょう(‘◇’)ゞ

2020年3月09日掲載