東洋医学・代替医療
総合医療・鍼灸・リハビリ
東洋医学・代替医療
総合医療・鍼灸・リハビリ
名古屋市昭和区・リリー動物病院・東洋医学クリニックについて 鍼灸・漢方 理学療法など リリー動物病院・名古屋市昭和区へのアクセスとお知らせ

リリー動物病院のInstagramをはじめました🌼🌼

当院に通ってくれている可愛い子達をご紹介しているので、
是非フォローしてください(^_^)

「リリー動物病院」 でも 「lilynagoya」 でも検索可能です😊☘

☆「新型コロナウイルスのペットへの感染状況」について(日本獣医師会微生物学分会の報告)

緊急事態宣言も徐々に解除されて来ましたね。
第2波を避けるためにも、引き続き注意が必要ですね!

「新型コロナウイルスのペットへの感染状況」についての『日本獣医師会微生物学分会』の報告をまとめてみました。

・ ネコ、イヌへの野外での感染例が報告されているが、いずれも単独の発生であり、同居する動物への感染すら見られないレベルであった。
・ 現段階では、感染したペットから人への感染報告はなく、その可能性は極めて低いとの事。
・ 動物実験※ではフェレットとハムスターでも感染例の報告がある。
・ 野外感染、実験感染※の報告の中では、ネコが最もウイルス感受性が高い(=感染しやすい)
ようである。
     
※ 実験は「通常あり得ないような高濃度のウイルスを接種」したものであり、日常的な感染状況を反映するものではない。

「新型コロナウイルスのペットへの感染」 
すでにお伝えしたように、現時点では飼い主様は新型コロナウイルス感染について特に神経質になる必要はなく、特別な措置も必要ありません。

念の為、獣医師会では以下の事を推奨しています。

・ 屋外での人や動物との過度な接触は控えること
・ 感染者や感染が疑われる人はペットとの濃厚接触は控えること。
状況により、信頼できる知人に預ける、世話をしてもらうなどを検討する。
・ ネコはできるだけ室内で飼うこと
(ケンカ、事故、ネコエイズなどの“新型コロナウイルス以外の危険”からもペットの身を守ることができます。)

・ 犬の散歩はリードをつけること。ドックランは避けること。
・ ペットをシャンプーすること

つまり、人間と同じように、もうしばらくはペットたちも出来ればSTAY HOMEですね!

以上です。
またコロナウィルスに関わる情報が入り次第、お伝えしていきたいと思います。
ゼロにするには困難である可能性のあるウィルスですが、みんなで力を合わせて、乗り切りましょう!!

2020年5月23日掲載